医療保険で備える意義

外国人の方が、日本で販売されている医療保険に加入することはできるのでしょうか?
このエントリーをはてなブックマークに追加

外国人と保険

グローバル社会と言うことがよく指摘されるようになっています。
今や国境による壁と言うのはほとんど生じなくなってきているのが現状と言って良いでしょう。
そこで、日本国内に住んでいても、外国の方が暮らしているのも決して珍しい光景ではなくなってきています。
ところで、外国人が、日本で販売されている医療保険の契約者になったり、被保険者になったりすることは果たして可能なのでしょうか?
外国人でも医療保険に加入することはできます。
しかし医科の条件をクリアしないといけないということも理解しておきましょう。
医療保険に申し込むためには、約款や注意喚起情報などに同意をする必要があります。
これはなにも外国人に限った事ではありませんが、この約款や注意喚起情報を確認するだけの力が必要になります。
また申込書や告知所についてですが、基本的に日本語で記入をする必要があります。
これは、外国人でも同様のことが求められます。
また申込書には、捺印をする必要があるような保険会社もあります。
これは保険会社によって対応はまちまちで、なかにはサインだけでも申し込みを受理してくれるような所もあるようです。
外国人で、自分の印鑑を持ち歩いている人は少ないでしょう。
印鑑ですが、もしカタカナやアルファベットを使って作る場合には文字数がどうしても多くなってしまいます。
そうなるとオーダーメイドの場合、結構費用がかさむことが多いと言われています。
何も医療保険の申し込みをするために技和z、印鑑をつくる必要もないでしょう。
ところで保険の商品を見てみると、タバコを吸っていない人に対しては、保険料が割安になると言う保険が最近、よく販売されている印象があります。
保険会社でこのような条項を設けている所は結構あります。
しかし医療保険やがん保険については、保険料が非喫煙者で割引になると言うことはありませんので理解しておきましょう。
と言うのも、タバコを普段吸っているかどうかについてですが、完全な自己申告制になってしまいます。
タバコ検査を実施すると言っても、かなり大掛かりな検査になってしまいますので、手間もコストもかかってしまいます。
ですから、タバコを吸っているかどうかについて、項目を設ける必要性があまりないのです。
ただしもし今後、タバコを吸う習慣のある人かどうかを簡単に判別できるようになれば、医療保険が非喫煙者の人に対して保険料が割引になると言うサービスをつけてくるところも出てくるかもしれませんね。
Search

Copyright (C)2017医療保険で備える意義.All rights reserved.