医療保険で備える意義

医療技術の進歩によって、医療保険が必要なのかと疑問を呈する人も出てきています。
このエントリーをはてなブックマークに追加

医療保険の現状

ファイナンシャルプランナーの中には、「もはや医療保険は必要ないのでは?」と疑問定義をする人もいます。
なぜこのようなことが言われるかと言うと、医療技術の進歩にあります。
医療保険は、病気やけがで入院することになった場合に、入院給付金を受け取ることができる保険です。
ところが医療技術が進歩したことによって、より短期間で退院をすることになってしまいます。
このため、昔に医療保険に加入している人の場合、入院給付金は保障されていても、5日入院をしないと給付金を受け取ることができないようになっている商品も結構あります。
しかし4日以内で退院できてしまうような病気も多くなっているので、給付金を受け取ることができなくなってしまいます。
ですから、医療保険に加入する必要はないというファイナンシャルプランナーの人も出てくるわけです。
しかし大半の人は、医療保険についてまだまだ必要性を感じている人が多いです。
医療保険もこのような医療の現場の実情を踏まえ、保障内容などのサービスの見直しをしています。
例えば、先ほども紹介したように一昔前までの医療保険は、入院5日目から初めて給付金が支給されるような商品も結構ありました。
しかし最近の医療保険を見てみると、入院した1日目から給付の対象になるような商品もいろいろと販売されています。
また医療保険の中でも、がん保険と言って、がんに特化して補償をしてくれる商品も登場してきています。
がん保険では診断給付金と言って、ガンと医者から診断された時点で給付の対象になっているような商品も出てきています。
医療の進歩によって、入院をする日数が短期間化してきています。
そこで、入院限度日数も短期間の商品が多くなっています。
各保険会社とも、60日タイプの医療保険をスタンダードタイプにもってきています。
しかし中には、もっと短期間の医療保険で、入院限度日数を30日としているような商品も最近では登場しています。
給付金を受けられる期間は短いですが、保険料をそのため、格安にすることができるようになります。
さらに医療保険に加入した人が、専門的に受けることができるサービスを充実させている医療保険も多いです。
例えば、体の不調や不安を感じるといに、気軽に電話を使って相談をすることができるようなサービスをつけている所もあります。
またセカンドオピニオンサービスと言って、主事とは違った角度で病気の診察をしてくれる医者を紹介してくれるようなサービスを提供している所もあります。
Search

Copyright (C)2017医療保険で備える意義.All rights reserved.