医療保険で備える意義

どの医療保険に加入するかを決める場合には、保障内容をチェックしましょう。
このエントリーをはてなブックマークに追加

保障内容について

自分がどの医療保険に加入するか決める時には、おそらくたいていの人が保障内容について比較をして加入する保険を決めると思います。
保障内容ですが、まずは入院給付金があります。
医療保険は、病気やけがで入院することになった場合、入院給付金が支給されることになっています。
入院給付金は、日額いくらと言うことで、各商品で差別化が図られています。
ちなみに現在販売されている医療保険を見てみると、安いもので日額1000円程度、高くなってくると日額2万円のような医療保険も販売されています。
しかし一般的には入院給付金は日額5000円から1万円程度のものがスタンダードになっています。
損保系の保険会社でも、医療保険の提供を行っています。
損保系の商品を見てみると、入院給付金を日額ではなく、実際にかかった費用を保障しているような商品もあります。
さらに最近の商品の中には、日数ではなくて、どのような疾病で入院をしたかによって、支払われる額を変えているような商品も出てきています。
入院給付金ですが、エンドレスで受け取ることができるようにはなっていません。
最大給付日数がどの医療保険でも設定されています。
現在の商品を見てみると、短いもので最大で45日程度、長期的な商品になってくると1095日最大で給付金を支給してくれるような商品もあります。
1095日と言うことは、3年間入院をしても、給付金を受け取ることができると言う計算になります。
現在の主力の商品を見てみると、60日もしくは120日を限度にした医療保険が多いようです。
医療保険は、主契約として入院給付金と、手術を受けた場合に受け取ることができる手術給付金があります。
しかしそれ以外でも、あなたが希望をすれば、いろいろな特約をつけることができます。
特約をつけることによって、保障を手厚くすることができますが保険料も高くなってしまうことを覚えておきましょう。
保険会社によってつけられる特約はいろいろとありますが、最近人気になっているのが、先進医療特約です。
これは、まだ厚生労働省によって認可されていない、最新の治療を受けた場合にその費用の面倒を見てくれる特約を指します。
認可されていないので、全額負担となる自由診療扱いになってしまいます。
このため、先進医療を受けると高額の治療費をねん出する必要があります。
また長期の入院になると、家計が厳しくなる可能性もあります。
そこで、家族の生活費を保障することができるような特約をつけられる医療保険もあります。
Search

Copyright (C)2017医療保険で備える意義.All rights reserved.