医療保険で備える意義

ネット保険には確かにいろいろなメリットがありますが、半面注意したいポイントもあります。
このエントリーをはてなブックマークに追加

ネット保険のメリットと注意点

テレビのコマーシャルを見てみると、医療保険の宣伝をしていることも決して珍しいことではなくなってきています。
ところでこのようなコマーシャルで宣伝をしている医療保険は、その多くがネット保険と言って、インターネットから医療保険の加入手続きをすることができるタイプの保険となっています。
ネット保険に加入を希望する人が多くなっています。
その中でも最も大きいのが、保険料を安くすることができる点がよく紹介されています。
ネット保険のいい所は、人件費や店舗を維持するためのコストを少なく抑えることができる所にあります。
このため、コストの上乗せを少なくすることができます。
その結果従来の医療保険と同じような保障内容でも、より安く保険料を設定することができるのです。
しかしネット保険の場合、注意が必要なポイントもあります。
従来の医療保険の場合、営業担当者を介して加入をするのが一般的でした。
しかしネット保険の場合、保険会社との直接交渉で、加入手続きを進めていくことになってしまいます。
ホームページに商品内容などについては記載されていると思いますので、それを自分で見て判断をすることになります。
もしホームページに書かれている内容だけを見て分からないことがあれば、自分でk-ルセンターなどに問い合わせをして判断をする必要があります。
割安商品を見つけることには、それほど手間取らないかもしれません。
しかし加入手続きをどうすればいいのかとか、給付金を請求する時にはどのようにすればいいかと言った情報をチェックしないで加入しないようにしましょう。
特に健康状態の告知ですが、思わぬトラブルを引き起こすきっかけになる可能性もあります。
もしあなたが勘違いをしていたり、誤った判断のもとで告知をしてしまって、後になってその告知内容に不備が見つかったということになれば、いざ入院や手術を受けたことで給付金を請求しても、その給付金を受け取ることができないという問題に発展をしてしまう可能性もあります。
また契約者と被保険者があなたの保険も多いでしょう。
この場合、ネット保険だとあなたが入院をして意識不明の状態などで動けなくなってしまった場合、給付金の請求は家族がしないといけないと言うことも十分にあり得ます。
あなたしか給付金の請求の仕方を知らないということになってしまうと、家族がお手上げの状態になってしまいますので、事前にきちんとした説明をしておく必要があります。
Search

Copyright (C)2017医療保険で備える意義.All rights reserved.